一括発注の取扱方針

スパークス・アセット・マネジメント株式会社では、投資信託の信託財産ならびに投資一任契約に係わる顧客資産(以下「運用財産」といいます。)の運用において、複数の運用財産にまたがる有価証券等(有価証券に関する信用取引を含みます。以下、同じ)の売買の注文が同一の条件(有価証券の種類および銘柄、売付けもしくは買付けの別、取引の種類ならびに執行する価格(価格帯を含みます。)が同一のものをいいます。)であるものについては、基本的にはこれら複数の売り注文、買い注文を束ねる、いわゆる一括注文による発注を行うことがあります。これは同一銘柄を売却あるいは購入しようとする複数の運用財産間の公平性を図るためです。ただし、市場動向あるいは取引の緊急性、運用財産の属性の観点から、一括発注とすることが適切でないと判断した場合を除きます。

一括発注の対象は株式および不動産投信(いわゆるREIT)に限定します。発注数量が完全に執行できず、いわゆる "一部出来" となった場合、当社所定の配分基準に従い各運用財産に配分します。具体的には売り注文、買い注文ともに当該運用財産の発注数量を限度として、当該運用財産の発注数量を発注総数量で除して算出される数値に総約定数量を掛け配分数量を算出します。

なお、一括発注の実施にあたりましては、社内業務マニュアルを整備し、関係者に周知徹底すると共に内部監査部門、コンプライアンス部門が検証を行います。

Page Top